教材の選び方







ここでは教材の選び方についてご紹介します。


書籍選びは非常に重要です。
というのも、大学受験は一つの書籍で繰り返し繰り返し勉強することで、覚えていく作業が多くなるため、そこで、書籍の選択を誤ると、勉強の効率性を格段に落としてしまうことになります。


そのため、書籍を選ぶには慎重になるべきです。


私も学生時代毎週本屋に通い、いい本はないかを常に探していました。
また、私の街は小さい本やしかないため、わざわざ30分かけて大きな街に電車で行き、書籍が充実している本屋にいっていました。


それくらい私は書籍選びを慎重にしていましたし、あらゆる本を購入し試していました。


そのため、どの書籍を選ぶかを体感で身につけていくことができました。その方法をこれからご紹介します。



初学者は可能な限り薄い本を選ぶ

可能な限り薄い本がいい理由は全体を簡単につかめるようになるためです。初学者にとっては、全体をつかむことが重要となりますが、そのためには、要点を押さえた、書籍を購入すべきです。


しかし、全体を網羅するためにと分厚い本を最初から購入するとなかなか前に進まないでしょう。それが起因となって、モチベーションの低下や自信喪失につながってしまします。

簡単な表現を使っているかをチェックする


私の経験ですが、難しい表現をやたらと使う文章を読むのは眠気を誘発します。また、理解も鈍くなってしまいします。
そのため、私は、絵が多様に使われている、書籍や、漫画などで解説されているものを多様している書籍を選んでいました。


プロフィール・刷数をチェックする


どれくらいの講師経験、どの予備校で講師をしているをチェックすべきです。
そもそも講師経験のない人の書籍は学生にとっての理解が難しい部分、間違えやすい箇所、入試に出やすい個所を理解していないなと感じた経験が多々ありました。そのため、有名な予備校、5年以上の講師経験を著者を選ぶべきです。


また、刷数も重要です。
増刷しているのは人気があったということを証明するので、これも参考になります。私は、刷数が第一刷発行のみの書籍にはあまり手を出しませんでしたし、それらの書籍を控えることをお勧めします。




まとめ
  • 薄い本を選ぼう!
  • 簡単な表現を用いている書籍を選ぼう!!
  • 講師経験が5年以上か、刷数が増刷されているかチェック!




要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索