脳に避けるべき栄養




ここでは脳にとって避けるべき栄養をご紹介します。


ある調査によると50年間で3500種類もの人工物質が食品に添加されているといわれています。


それらの中に有する有害物質を摂取することにより気分の低下、衝動コントロールの欠如、集中力の低下、攻撃的な行動、うつ、睡眠障害、記憶障害、知的能力の衰えにつながるといわれています。


そのため、効率よく勉強する為には上記の症状を引き起こす栄養を避けなければなりません。それでは、どんな栄養を避けるべきかをご紹介します。


鉛は学習障害を引き起こす


アメリカの研究で、鉛は学習障害を引き起こすという結果が出ており、特に記憶障害を引き起こす。そして、この症状は特に子供に顕著に表れる現れるといわれており、子供に鉛の摂取を増加させることで、IQが7ポイントも下がったという研究が結果が出ている。そのため、鉛の摂取には要注意をして頂きたい。


しかし、鉛は栄養表示をみても何に含まれているのかを判別するのが難しい。そこで、鉛の摂取を控えるという方法より、鉛の解毒となる栄養を摂取することをお勧めする。


鉛の解毒となる栄養はビタミンCである。
ビタミンCはフルーツに多く含まれている。しかし、ビタミンCはストレスにより、失われやすいため、サプリメントを摂取することをお勧めします。


トランス脂肪酸は非常に危険


トランス脂肪酸は脳の思考プロセスを混乱させる。また、DHAの栄養摂取を妨げます。そのため、学習の効率を著しく妨げるという研究結果が出ています。また、それだけではなく、身体においても、トランス脂肪酸の摂取により、心臓病を引き起こしやすいなどの、様々な悪影響をもたらす栄養のため、アメリカでは食品会社にトランス脂肪酸の表示義務を命じています。


また、アメリカのマクドナルドはトランス脂肪酸を利用しないことを明言しており、日本でも少し前にミスタードーナツがトランス脂肪酸を使用していないことを宣伝でアピールしていました。それほどトランス脂肪酸は悪い栄養ということがお分かりいただけると思います。


では、トランス脂肪酸が何に含まれているかというと、ケーキ、ポテトチップス、マーガリン、ビスケットなど、脂質の高い栄養に含まれています。したがって、それら食品には十分に注意することが必要です。


勉強においてもタバコは百害あって一利なし


タバコは集中力が低下する。よくタバコを吸うと気分が良くなり、集中力が高まるという人がいまうが、大いなる勘違いです。医学的には、集中力が下がることは多数の研究結果で示されています。


また、集中力の低下だけではなく、喫煙によるIQ低下もある研究結果で示されています。


タバコは勉強の不効率さだけでなく、身体にとっても言うまでもなく、不健康であり、やめるべきでしょう。


まとめ
  • 鉛はIQを下げる。ビタミンCによる解毒をしよう!
  • トランス脂肪酸は絶対に避ける!!脂質の高い食事に注意する
  • タバコは百害あって一利なし


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索