集中力の高め方





勉強をしていて、いつも困るのが集中力ですよね。集中力が欠如してしまうと以下のような困った事態になってしまいますよね?勉強のためにせっかく時間を確保しても集中できず、せっかく確保した時間が無駄になってしまう。あるいは、集中力がないがために、他人と同じ時間勉強しても理解度に大きく差が出てしまう。


そこで、これらを打開すべく集中力を飛躍的に上げる、とっておきの方法をご説明します。その方法はとても簡単で、そして非常に大きな効果があります。それは大きく4つあります!


脳のメカニズムを使う ⇒ 「勉強=つらい」という感情を抑える工夫をする


そのためには休憩を工夫して取ることが非常に重要になります。
これは非常に重要なので、気をつけて頂きたいです。
結論からいうと30分に10分程度休憩とるのことが程良い時間だと思います。長時間勉強をし続けるのはお勧めできません。下記の図のように勉強するのがいいでしょう。






これは脳のメカニズムを理解するとこの休憩の必要性が理解できます。
脳のメカニズムは非常に単純で、つらいことを避け、楽しむことを好む構造になっています。


つまり、
勉強=つらい


という認識することを避ける
ことが、集中力を低下させないことへつながるのです。そのために、休憩時間をやや多めにとることと効果的です。


このポイントはつらいという感情が出る前に休憩するということです。脳科学的には集中できる時間は90分が最大です。しかし、長時間勉強するには、90分も持ちません。実際、これは私の勉強経験からですが、集中できる時間は30分が限度でしょう。


30分を超えると、勉強がつらいと感じ始めてしまいます。
しかし、その直前で休憩をとれば、つらいという感情がでません。
また、勉強を再開する際にも、30分だけだやるかという気持ちで始めることができるため、「勉強しないとな〜」というつらい感情が出にくくなります。


そのため、勉強=つらい と脳に認識されにくくなりは長期な勉強は非常に効果的です。

そのため、これは非常に大事なことです。 是非実践してみて下さい。

さて、次の方法は


集中力を出すためには、脳のコンディションをベストにする



そのためには
睡眠時間を最低6時間以上とる事が必要です。
詳しくはこちら→睡眠時間を削るべき?


しかし、睡眠時間を削るしか時間がないというかたは多いですよね。私もそうです。それでも、思い切って睡眠時間を確保してください。


睡眠時間を確保して勉強した2時間と集中した勉強時間30分では後者のほうが圧倒的に成果が出ます。数式で表すと以下です。


だらだら勉強する2時間 < 集中して勉強する30分


私は確信しています。
最初は時間が短くて不安になってしまうかもしれませんが、その分濃く勉強してやろうという気持ちで臨むと驚くほど勉強が進むことを体感しました。


また、特に長期的な勉強が必要な方には、
体力面やストレス面を考慮する必要があるので、尚効果的です


そのため、集中力を高めるためには必ず、睡眠時間6時間以上の確保が必要です。睡眠時間6時間以上確保することは集中力を向上させるためには重要な要素であるということをここで強く認識してください。


集中力の高まる栄養を意識的にとる



バランスのいい栄養、脳を目覚めさせる栄養を取ると集中力が変わるということを認識してください。 ここでは簡略的な説明をすると、
集中力を高める栄養としては、カフェイン、低GIの糖分、最適な量のビタミンとミネラルの摂取になります。


できる限り以上のような食材を選ぶようにしてください。とるように意識してください。※しかし、とりすぎは逆効果ですし、カフェインに関してはとりすぎは有害です。詳しくは集中力を高める栄養を参照願います。
詳細な説明はこちら⇒集中力を高める栄養


集中力の高まるツールを使う



ツールを使って高めることもできます。
即効性が高く効果が大きいのは、デスク用のライト、イス、アロマです。
詳細はこちらでご紹介しています⇒効率UPツールを使う




まとめ
  • 30分に1度休憩をとる。
  • 6時間以上の睡眠時間をとる。
  • カフェイン、低GIの糖分、最適な量のビタミンとミネラルの摂取する。
  • デスク用のライト、イス、アロマを使う。


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索