集中力を高める栄養





ここでは集中力を高める栄養をご紹介致します。


低GI食品を食べるようにする!


脳の栄養は糖分のため、糖分がきれてしまうと集中力が切れてしまいます。
そのため、砂糖をたくさん摂取すればいいような気がしますが、そうではありません。白砂糖は吸収が早いため、急激に血糖値が高まります。そして、ある時間が過ぎると急激に血糖値が下がります。


そのため、血糖値が下がるとともに、集中力が下がってしまいます。
そしてその急激な血糖値の変化によって体に負担となり、集中力の持続が難しくなります。


では、血糖値を高く、一定に保つにはどうすればいいかそれに適した栄養をとるには低GI食品を選べばいいのです。


低GI食品は大豆バーで紹介されていたで、有名だと思います。要は、糖の栄養をすっくりとしてくれるのです。そのため、血糖値が適した高さ一定に保つことができ、集中力を持続させることができるのです。


それではその低GI食品はなにから取れるかというと、玄米やそば、果物などです。たくさんあるので、簡単な指標をいうと、白いものは高GI食品と覚えて下さい。


なので、


  • うどん  ⇒  そば
  • 白米   ⇒  玄米
  • 食パン  ⇒  ライ麦パン  
のように、白い食物を避けましょう。


さて、次の集中力を高める栄養を紹介します。


集中力を高めるには脳を覚醒させる栄養が必要



覚醒させるための栄養、それはカフェインです。
カフェインの摂取により、ドーパミンやノルアドレナリンが放出されます。
これらの栄養素によって、脳が覚醒状態になり、集中した状態を作ることができます。


ではカフェインはどのように摂取できるかといいますと、


・コーヒー
・紅茶
・お茶


です。

集中力を高めたいときに、意識して、これらを摂取しましょう
また。意外かもしれませんが、コーヒーよりも紅茶のほうがカフェインの含有量が多いので、カフェインで素早く脳を集中させたいときは、紅茶を飲むことをお勧めします!


さらに、集中した際にはエネルギーを大量に消費しますので、糖分を大量に消費します。そのため、


糖分(白砂糖ではない)と一緒にカフェインを摂取すると効果を一層実感する
ことがでるでしょう。


しかし、カフェインには集中力を向上させるといういい面がある一方で、中毒性もあります。さらに、大量の摂取は脳への耐性もついてしますので、多量の摂取は控えて下さい。集中力を一時的に上げたいとき(テスト当日、模擬試験を受けている時)にするといいと思います。





まとめ

  • 低GI食品を選ぶようにする!
  • 集中力を高めたいときにはカフェイン(紅茶、コーヒー、お茶)を!!
  • カフェインと糖類を一緒に摂取しましょう。


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索