TOEIC900点をとる方法






TOEIC900取得することができました。 私の場、やり方が悪かったかもしれませんが、800を超えてから900を取るまでに数年かかりました。



数年間英語を勉強し続けたわけではなかったですが、定期的にTOEIC試験を受験していましたので、どんな勉強がTOEICの点数を高めることができるかということは概ね経験できました。




そのため以下にTOEIC800くらいから効率よくTOEIC900を取る方法を紹介します。




TOEIC公式問題集を繰り返しとく



TOEICテスト新公式問題集< Vol.6>
Educational Testing Service
国際ビジネスコミュニケーション協会
売り上げランキング: 48


定番ですが、これを繰り返して解くのが一番効果が高いです。 問題になれるし、解説も丁寧で最も効果を感じることができました。



リーディングボックスとリスニングボックを繰り返し解いて更に問題になれる


TOEICテスト リーディングBOX
中村 紳一郎 Susan Anderton 神崎 正哉 小林 美和
ジャパンタイムズ
売り上げランキング: 55,368



TOEICテスト リスニングBOX
中村 紳一郎 Susan Anderton 神崎 正哉 小林 美和
ジャパンタイムズ
売り上げランキング: 97,969


著者を見るとわかりますが、TOEICの本をたくさんだしているような方たちです。



そのため、解説はかなり丁寧だし、問題も試験に近いものが多く公式問題集並みによかった。



公式問題集を2−3回とくと問題を覚えてしまうので、そうなったらこちらで問題を解くのが良いかと思います。



実際使ったのはこれだけではないのですが、TOEIC900を取るまでに特に効果を感じたのは上記の書籍でした。

逆にテクニック本は全く役にたたない。TOIEC900は小手先のテクニックは通じない。


自分の場合、リスニングだとPart3,4で点を落としている傾向があったので、テクニック本で対応しようと思った時期がありました。



今思えばあまり効果がありませんでした。っていうのも、900からはテクニックで点をとるというよりいかに英語を正確に理解できているかが重要なので、小手先でできるようなものではありませんでした。




TOEIC800からTOEIC900を取得するまでの道のりは長い


上記の問題集をひたすらとけばTOEIC900まで取得は可能だと思います。 しかし、取得までかなり時間がかかると思います。 これは前提として認識しておくべきだと思います。 TOEIC800からTOEIC900はそれだけ道のりが長いものです。



大変ですが、信じて勉強する必要があります。



TOEIC900あるからといって、英語力があるかどうかは疑問。ただし、それを評価する人、会社が多いので、点だけとって、英語力を向上させる勉強は別の方法がいい。


正直英語力を高めるなら英語勉強法で紹介しているようにドラマをみたり、オンライン英会話を行ったほうが実践的で、英語力は身につくと思います。



でもそれでは”TOEICの点”をとるには不効率のため、”TOEICの点を”とるには上記方法をおすすめします。



実際TOEICの点がとれたところで英語力が高くなったという実感はないですが、会社の評価や周囲の評価は得られることを実感しています。 そのため、取得することの意味は大いにあると思います。






まとめ
  • toeic900を狙うには試験に近い問題集をたくさんとく
  • テクニック本は使わない
  • TOEICは英語の勉強というよりTOEICの勉強と割りきって、対策する


要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索