睡眠の質を高める方法(ツール)





睡眠の質を高める方法では、 簡単に睡眠の質を高める方法を紹介しました。多くの方法を紹介しているため、どれかいずれかでも始めることで効果を得られるかと思います。


しかし、学生と違い社会人のような多少お金に余裕のある方は、何か行動することなく、 単純にツールをかって導入するだけで睡眠の質を高めることができますので、オススメの睡眠の質を高めるツールを紹介します。

睡眠の質を高めるためには枕にこだわる


私は特に枕にこだわりがなく、安い枕を使っていましたが、特に問題を感じていませんでした。 しかし、枕によって、体への負担が変わるため、良い枕を使えば、それだけ体への負担が軽減でき、睡眠の質に影響するということを知ってから、 枕を変えることにしました。

いろいろと調べた結果、以下の枕を購入、利用していますが、とても効果を感じています。 若干、やわらかい枕ですが、首への負担がとても少なく床について、寝るまでの時間が短くなりましたし、 朝の寝起きが改善されました。

私の場合は、この枕が合いましたが、枕はそれぞれの体にあったものを選んだほうがいいため、 いろいろとためして購入することをオススメしますが、コスパを考えると以下の枕は良いかと思います。






睡眠の質を高めるためにライトにもっと気を使う


一般的に日本人は光の使い方が下手といわれています。 私も睡眠効率を高めるために、光のもたらす効果について勉強したところのですが、 光は身直にあるものですが、知らないことが多く、日常生活でうまく利用しないと損することがわかりました。 いかについて具体的に紹介します。



寝室の天井に電気をつけない!


天井に明かりがあることで、太陽を連想するため、昼間と勘違いして、 睡眠の質を下がる(眠りにつきにくい)ことがわかっているそうです。 そのため、海外では一般的に、寝室の天井には明かりがなく、ベッドサイドテーブルにライトを置いています。



確かに海外ドラマなどを見ると、彼らの寝室の天井には電気がついていないことがほとんどでしたし、また、ホテルなどに宿泊した場合、 ホテルも天井には電気がなく、ほとんどが間接照明によるものでした。



そのため、私も寝室の電気を外し、ベッドサイドにテーブルランプを利用することにしました。 著しく効果を感じたことはありませんでしたが、眠るまでの時間は短くなった印象はあります。 これについては、寝室が多少暗くなるため、不便なところがありますが、ある程度の効果が照明されているため、実施してみることをオススメします。



集中したいときは白熱灯(白い光)、睡眠前は蛍光灯(オレンジの光)を意識して利用する。


これは、白熱灯のときは、昼間、蛍光灯のときは夕方を脳が連想するためのようです。 したがって、蛍光灯のようなオレンジに光のもとで勉強すると眠くなってしまいます。 そのため、私は勉強机には意図的に、白熱灯をおいて勉強しています。





一方で、寝室のベッドサイドの光は蛍光灯にしたり、風呂の電気を蛍光灯にして、 睡眠の導入をしやすいようにしています。



私の場合は特に、上記の白熱灯を勉強机に利用してからかなりの集中力が高くなりました。 眠くなるなどのことがなくなりました。




まとめ
  • ツールをつかって簡単に睡眠の質を高める!!



要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索