応用情報技術者試験勉強方法





ここでは、応用情報技術者試験の概要、及び、効率的に合格するための勉強方法について、以下の通り記載します。


応用情報技術者試験取得のメリット



●国家資格であるということ


まず、国家資格ということで、企業から資格取得者に対して非常に高い評価を受けることができます。


そのため、一部の企業では、本資格を取得することで、奨励金がでるようです。 (私の会社はありませんでしたが・・) 本資格を評価する企業が多いため、就職、転職において、無資格者と比較して、有利になることができます。


さらに、いいことは「更新がない」ことです。 IT資格は、数年単位等で更新が必要な資格がメインです。 しかし、本資格では更新がいらないので、この資格を取得すれば一生、幅広いIT知識を有した人として、称号を得ることができます。


●幅広い知識をみにつけることができる


応用情報はデータベース、ソフトウェア開発、NW、プロジェクトマネジメント、マーケティングなど、様々な知識を問う問題が有ります。そのため、資格取得に向けて、幅広い知識を身につけることができます。


また、下流工程にて現場で必要となるような細かい知識や、上流工程にて必要となる知識など、工程関係なく、知識を問いるため、「システム開発」という視点について、俯瞰的に学習ができることができます。


私、個人的にこの資格取得目指す対象は、下流工程よりは、中、上流工程の人にとって価値ある資格だと感じます。 ちなみに、私は業務で上流工程に従事するSEですが、プロジェクトマネジメントや、マーケティングなどの様々なフレームワークを学ぶことができ、とても有意義な学習をすることができました。

応用情報技術者試験の効率的な勉強法


●とにかく過去問を解くことが重要


過去問を数年解けばすぐに気づくかと思いますが、ほぼ同様の問題が繰り返し出題されています。 (特に午前問題)


そのため、過去問を繰り替えし解けば合格できるかと思います。ただし、繰り返しといえど、問題の一部をかえて出題されるので、過去問を解くとき、特に、選択肢では、正解を選ぶだけではなく、選択肢の間違いはどうして間違っているかなど、考えながらやることが非常に大切です。


また、過去問を解くにあたり、おすすめの書籍はこちらで紹介しています。


⇒⇒応用情報技術者試験お勧め書籍


プログラミングを捨てるという選択



プログラミングは、プログラミングは専門性が高いため、学校などで、時間をかけて学んでいない人にとっては非常に敷居が高いと思います。


そのため、効率的に試験に合格する為には、プログラミング問題を捨てて、他の分野に焦点あてる戦略が有効だと思います。


特に、午後問題では「プログラミング」か、「経営戦略」を選ぶことができますが、経営戦略を選びましょう。 経営戦略は浅い範囲しか問われなく、SWOT分析やCRM分析などのメジャーなマーケティングツールを利用した問題が主題される傾向があるので、プログラミングを一から学ぶよりははるかに簡単かと思います。




まとめ
  • 国家試験、取得できればメリットが大きい。
  • 過去問題が非常に重要。
  • プログラミングをしたことない人はプログラミング問題を捨てる。



要望受付


新しいサイトを作るにあたり要望を受け付けています、よろしければ以下のリンクからアンケートに答えてください。


アンケートに答える



Ad

サイト内検索